【メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)の薄毛治療】費用は高いが診察などは非常に丁寧

メンズヘルスクリニック東京

メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)

 

メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカルグループ)の公式サイト

メンズヘルスクリニック東京は、東京駅すぐの所にある薄毛治療専門のAGAクリニック。

メンズヘルスクリニック東京を中心にして「ヘアメディカル」という薄毛治療の医療機関グループがあり、グループのクリニックは全部で6院あります。

MEMO

【主な治療方法】

薬治療

【ヘアメディカルグループ開院エリア】

  • メンズヘルスクリニック東京(※男性専用)
  • ウィメンズヘルスクリニック東京(※女性専用)
  • AACクリニック名古屋(栄)
  • 脇坂クリニック大阪(梅田 ※男性専用)
  • 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪(梅田 ※女性専用)
  • 城西クリニック福岡(天神)

どのクリニックであっても基本的に同じ薄毛治療をおこなっており、引越などで院が変わったとしても継続して同じ治療を受けることができます。

さっそくメンズヘルスクリニック東京やヘアメディカルグループについてチェックしていきたいと思います!

メンズヘルスクリニック東京に行って髪の毛は生える?

メンズヘルスクリニック東京の案内パネル

まずは一番大事なポイントから。

メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカルグループ)では、フィナステリドとミノキシジルを主成分とする内服薬を処方してくれるので、この2種類の薬を飲むことで薄毛を改善させることは基本的に可能です。

ただ、他のAGAクリニックでも同じように、主成分が同じ内服薬を処方してくれるので、メンズヘルスクリニック東京を選ぶ必然性は、あまりありません。

マナブ君

エッ、そうなの、、、

ハヤシ先生

勤務先や自宅がかなり近いとかっていう理由であれば、それは選ぶ理由になるかもしれませんが、このクリニックのポイントは他にあります。

症例数の多さと経験を元にした薬の調合や治療方針がウリ

メンズヘルスクリニック東京の前身は、1999年に開院した城西クリニック。実はこのクリニック、開院当初から薄毛治療を専門に研究している「AGA治療のパイオニア」的な存在なのです。

MEMO
2014年6月に城西クリニックから現在のメンズヘルスクリニック東京に名称変更をおこない、クリニックの場所も東京・丸の内へと移転しました。

1999年というとまだ「AGA」という言葉も一般的ではなく、「薄くなったらどうしようもない」「育毛サロンに行く・カツラで隠すしかない」「遺伝なんだから諦めるしかない」という時代・・・

そんな時から医療として薄毛(発毛)の研究をおこなっているクリニックが、メンズヘルスクリニック東京の母体となっています。

薄毛業界のバイブル!?である『育毛物語』(2005年発売)にも城西クリニックが載っていました。

育毛物語ー実践潜入ルポ

ヘアサロンやクリニックの潜入ルポ(ドキュメンタリー形式)です。

城西クリニック●髪はおまかせ 日本最大ヘアメディカル方式

城西クリニック●髪はおまかせ 日本最大ヘアメディカル方式

城西クリニックの時代から診てきた患者数は、1999年以降19年間で190万人を超えていて、薄毛を改善した事例は3万パターン以上。

メガネ君

190万人・・・3万パターン・・・ってマジ!?

ハヤシ先生

補足しておくと、190万人というのは「延べ人数」なので1人の人が複数カウントされています。あと3万パターンといっても似ている症例もありますよ。

ただ、ここまでの症例数を持っているAGAクリニックは他にないことは確かです。

過去の豊富な経験を元にして、1人ひとりに合った内服薬・外用薬の処方や成分のアレンジができるということが、メンズヘルスクリニック東京の一番の強みになっています。

メンズヘルスクリニック東京の外用薬

メンズヘルスクリニック東京の外用薬(ミノキシジル)

メンズヘルスクリニック東京の内服薬

メンズヘルスクリニック東京の3種類(左からFA・MA・ZA)の内服薬

MEMO
内服薬の成分はFA=フィナステリド、MA=ミノキシジル、ZA=ビタミン・ミネラルとなっています。

ハヤシ先生

ヘアメディカルグループでは600パターン以上の処方が可能ということです。

「ウチのAGAクリニックではオリジナルの内服薬を処方しています!」と言っているAGAクリニックは数多くありますが、「オリジナル=良い」というわけではありません。

治療方針についても、

  • だいぶ発毛してきたので薬の量や回数を減らしましょう。
  • やっぱりもう少し濃度を上げましょう。
  • ザガーロを使ってみましょうか?

といったアドバイスが適切なタイミングでできるのも、過去の膨大な経験が元になっているというわけです。

メソセラピー治療は不要というスタンス

メンズヘルスクリニック東京ではメソセラピー治療を扱っていない!?

これだけ実績のあるメンズヘルスクリニック東京ですが、実は成長因子やミノキシジルなどを頭皮に直接注入するメソセラピー治療をおこなっていません。

内服薬と外用薬だけで薄毛治療は可能というスタンスを取っています。

多くのAGAクリニックではメソセラピーを治療メニューの1つに加えているのに、なぜ薄毛治療のパイオニアであるヘアメディカルグループでは取り入れていないのか・・・?

とても不思議だったので、担当医師に直接聞いてみました。

医師いわく、

あんまり効果が出ないんだよね、、、
ウチのクリニックでやってないから、他のところで受けてきましたってという人もボチボチいるんだけど、そんなに効果ないんじゃないかなーと・・・

明確に否定はしませんでしたが、メソセラピーに対してはあまり良いイメージは持っていないようでした。

実は薄毛治療のメカニズムや原因はまだ100%明確に解明されているわけではなく、医師やクリニックごとに考え方や治療方針には違いがあります。

「自分のところの治療方法が一番です」というスタンスは、メンズヘルスクリニック東京に限らずどのクリニックでもあること。

ハヤシ先生

誰しも風邪を引いて病院にかかることもあると思いますが、病院によって出される薬の処方箋は違いますよね!?薄毛治療もそれと同じです。

風邪と違って薄毛治療は保険もきかないですし、1度治療を開始したら最低6ヶ月ぐらいは同じ治療を継続する必要があるので、金銭的な負担も大きくなります。

メンズヘルスクリニック東京の過去の実績や症例数は確かに凄いのですが、1つの意見だけを鵜呑みにするのではなく、メソセラピーを扱っているAGAクリニックと、扱っていないAGAクリニックの両方の話を聞いて判断することが大事です。

カウンセリングと診察の丁寧さはピカイチ

メンズヘルスクリニック東京のカウンセリングルーム

カウンセリングルームは3畳ぐらいのきちんとした個室です。

実はこの「丁寧さ」がメンズヘルスクリニック東京の一番のポイントかなと管理人は考えています。

担当してくれる医師やカウンセラーによっても違いますし、人同士の相性もあるので一概に断言できませんが、管理人はここが他との一番の違いだと感じました。

ちなみにカウンセリングは無料ですが、医師による診察は有料(税抜5,000円)。カウンセリングが終わった後は、薄毛治療を受ける受けないに関わらず診察を受けることが可能です。

カウンセリングでは事前に記入したシートを見ながら、薄毛の状態をヒアリングしていき、生活習慣や健康面などに関するアドバイスをカウンセラーさんからもらえます。

時間にして1時間弱・・・(かなり長いです笑)

他のAGAクリニックだと基本的なことだけ聞いて5~10分とかで終わってしまうこともありますが、けっこう細かいところまでガッツリとアドバイスしてくれます。

他にもメンズヘルスクリニック東京の特徴として、「ストレスケア・チェックシート」なるものが用意されていて、精神面から薄毛になっている(あるいは自分が薄毛だと思い込んでいる)かどうかをチェックしてくれます。

メンズヘルスクリニック東京の「ストレスケア・チェックシート」

これはクリニックの院長である 小林 一広 医師が、もともと精神科の出身であることが影響しているんだと思いますが、他のAGAクリニックにはこういったモノはありません。

メンズヘルスクリニック東京の小林院長の経歴

小林院長はもともと大学病院で精神科医として勤務していた。

MEMO
小林院長がAGA治療について語っている動画がYoutubeにあったので参考までに載せておきます。

▼▼小林院長のインタビュー動画▼▼


その後、カウンセラーさんからは

  • クリニックの治療方針
  • 内服薬・外用薬の説明と効果
  • 簡単な副作用の説明
  • 料金プランと支払方法
  • その他の検査メニューなどの説明

がありました。

基本的にはカウンセラーさんからざっくりと薄毛治療やクリニックに関することを聞き、自分が気になるポイントやより突っ込んだ内容を診察で医師に直接質問していくという感じです。

家でもう少しゆっくり考えたいのであれば、もちろんカウンセリングだけで終了となります。

診察もきっちり時間を取って対応してくれる

メンズヘルスクリニック東京の診察室

カウンセリングが終わると、頭部の写真撮影をおこなった後、別室で医師による診察となります。

診察ではマイクロスコープで自分の頭をモニターに映しながら毛髪や毛穴の状態をチェック。

その後はAGAの原因やメカニズム、治療薬の説明、発毛効果の出方と発毛後の薬の減らし方についてなど、先ほどのカウンセラーさんからの話よりもさらに詳細に説明してくれます。

特に薄毛治療のリスク(発毛しないリスクや薬の副作用)についても、きちんと教えてくれたので逆に安心感がありました。

公式サイトでもきちんと書いてあったので引用しておきますね。

「髪は生えますか?」という質問に対する回答

「髪は生えますか?」

みなさんから受ける質問で一番多いのが、やはり「髪は生えますか?」という内容です。

簡潔に言うと、ほとんどの方に何らかの「発毛」効果はみられます。ですが、その患者さんが望む結果と治療の結果がそぐわない場合もあります。そこが、その方にとっての医療の限界となるわけです。その時は患者さんにその事を説明し、今後の治療について話し合います。

当院でも、その患者さんにとっては”不十分な結果”しか出ない、と思われることもあるでしょう。ですが、そうであればどこへ行っても同じです。そう言い切れる自信を持って治療を行っています。

(メンズヘルスクリニック東京の公式HPより引用)

管理人の場合、色々と質問したいこともあったので、1時間半ぐらい医師と話をしていましたが、イヤな顔ひとつせずに対応してくれました。

「有料だから丁寧なのは当たり前」と感じる人も多いと思いますが、AGAクリニックによっては、有料であっても露骨に診察をすぐ切り上げようとする医師もいたので、丁寧さが非常によく分かりました。

高めの治療費用がネック

過去の治療実績も多く、カウンセリングや診察も丁寧なところは非常にイイのですが、治療費用は他のAGAクリニックと比較して高めに設定されています。

メンズヘルスクリニック東京と他のAGAクリニックの内服薬の価格を比較してみました。

MEMO
ここで記載している値段はプロペシアやザガーロではなく、そのクリニックのオリジナル治療薬の値段で比較しています。
クリニック名 金 額 外用薬処方
メンズヘルスクリニック東京 25,000円
AGAスキンクリニック 24,000円
湘南美容クリニック 10,666円
銀座総合美容クリニック 17,500円 ×
ゴリラクリニック 16,000円 ×

以下は各クリニックの補足です。外用薬を処方してくれるクリニックについては、その値段も併せて記載しておきます。

メンズヘルスクリニック東京:25,000円

内服薬(フィナステリド+ミノキシジル+サプリメント)
※外用薬(ミノキシジル)とのセットだと30,000円
※初診料5,000円・再診料無料

AGAスキンクリニック:24,000円

内服薬(フィナステリド+ミノキシジル+サプリメント)
※6ヶ月コースを選んだ場合の1ヶ月あたりの金額
※外用薬(ミノキシジル)とのセットだと40,000円
※12ヶ月コースだと1ヶ月あたり21,000円(外用薬セットで35,000円)
※初診料5,000円・再診料無料

湘南美容クリニック:10,666円

内服薬(フィナステリド+ミノキシジル+サプリメント)
※6ヶ月コースを選んだ場合の1ヶ月あたりの金額
※外用薬(ミノキシジル+フィナステリド) とのセットだと16,500円
※初診料無料・再診料無料

銀座総合美容クリニック(銀クリ):17,500円

内服薬(フィナステリド+ミノキシジル)
※初診料3,000円・再診料無料

ゴリラクリニック:16,000円

内服薬(フィナステリド+ミノキシジル+サプリメント)
※初診料無料・再診料無料

金額についての注意点
価格は1ヶ月あたりの税抜金額で統一。公式サイトに税込金額しか載っていない場合は、税抜に計算し直して小数点以下は切り捨ています。キャンペーンやお試しなどで初月のみ安くなるケースもありますが、ここでは通常料金を採用しています。

このように内服薬のみでの治療の場合は、メンズヘルスクリニック東京の料金設定25,000円はかなり高めです。外用薬もセットにした場合でも、AGAスキンの40,000円ほどではないですが30,000円は高額ですね。

メンズヘルスクリニック東京で薄毛治療を続けるにあたっては、毎月の費用負担がネックになってくると思います。

費用の支払いはその都度払いが基本

メンズヘルスクリニック東京では来院して診察を受けたり薬を購入するたびに、その都度お金を支払います。他のクリニックのように医療ローンの取り扱いはありません。

メンズヘルスクリニック東京の治療費の支払方法

クレジットカードを使うことはできますが、クリニック側で設定できるのは1回払いのみ。(後から自分でクレジットカード会社やクレカの専用サイトから分割やリボ払いに変更することは可能)

これは『先々の治療費用を前もって契約することはしない』というクリニックの治療方針があるので、このようなシステムになっているのですが、これをプラスと捉えるのか、マイナスと捉えるのかは人によって判断が分かれそうです。

管理人はどちらかというと会計がシンプルで分かりやすくなるのでプラスと捉えています。

逆に他の多くのAGAクリニックでは医療ローンを取り扱っていることが多く、金利の負担は発生しますが、支払回数を増やすことで毎月掛かる費用を抑えることができます。例えば半年分の治療費を12回払いや24回払いにするといった感じですね。

ただし、1度医療ローンを組んでしまうと、仕事が忙しくなって途中からクリニックに通えなくなってしまった時や、薄毛治療をやめたいといった場合でも、毎月の引き落としはやってきます。

また、契約書面で解約不可となっているケースや、解約できたとしても違約金が発生するなど、医療ローンにも色々とデメリットがあります。

メンズヘルスクリニック東京ではそういったことが無いように「都度払い」を採用しているというわけですね。

もちろん医療ローンもうまく利用すれば、有効な支払手段であることは間違いありません。もし他のAGAクリニックでローンを利用する場合は、デメリットの部分にもきちんと目を向けるようにしましょう。

薄毛治療に関する各種オプション検査が豊富

AGAリスク遺伝子検査

メンズヘルスクリニック東京では、

  1. AGAリスク遺伝子検査(税抜19,000円)
    ⇒フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)のどちらが効果的かを調べる検査
  2. アンドロゲンレセプター遺伝子検査(税抜19,000円)
    ⇒薄毛になりやすいかを遺伝子レベルで調べる検査
  3. ミネラル検査(税抜10,000円)
    ⇒薄毛の原因の1つとされる体内のミネラルバランスを細胞レベルで調べる検査

といった検査を受けることができます。

特に1番目のAGAリスク遺伝子検査は、ヘアメディカルグループでしか受けることができない検査で、「さすがAGA治療のパイオニアだけあるなー」という感じです。

ただし、実際の現場ではこういった検査を受ける人は少なく、カウンセラーさんも本人の強い希望が無い限り、特に勧めていないということでした。費用も決して安くないですからね。

中には「親が薄毛で自分も将来ハゲるかどうか心配・・・」という理由で、今は全く薄くなっていない人が受けたりすることもあるそうです。

興味がある人は受けてみるとイイと思います。

ハヤシ先生

ちなみに検査のみ受ける場合でも、先ほどの検査料とは別に初診料5,000円が掛かるので注意してください!

スカルプDなどの育毛商品を発売するアンファーと提携

予防医学のアンファー

メンズヘルスクリニック東京が属するヘアメディカルグループは、予防医学のアンファーと提携して、様々な育毛商品の開発にも加わっています。

雨上がり決死隊がCMにも出ていた代表商品:薬用育毛シャンプー「スカルプD」や育毛トニック「スカルプジェット」は、ヘアメディカルとアンファーの共同研究で生まれた商品ですね。

ちなみにスカルプDなどの育毛商品はクリニック内で多少安く購入することもできますよ。

メディカルミノキ5のプレスリリース

また、2017年10月に発売する予定だったミノキシジル配合の第1類医薬品「メディカルミノキ5」は、武井壮や伊勢谷雄介を起用してCMや記者会見発表会などもおこなっていましたが、残念ながら直前になって発売延期になってしまいました。

このたび、アンファー株式会社が新発売する第1類医薬品「メディカルミノキ5」におきまして、説明書内の効果・効能を示す一部の図に不備があり、10月4日(水)に予定していました発売を延期することにいたしました。

(アンファーのプレスリリースより引用)

ただ、これまで独占状態だったリアップの対抗馬として非常に期待が持てますね。

体制が整いしだい2018年中には発売を開始するのではと思われます。
⇒2018年8月8日、ついに発売が開始されました!

▼▼関連記事▼▼
発毛剤「メディカルミノキ5」が予防医学のアンファーからついに発売!発毛剤「メディカルミノキ5」が予防医学のアンファーからついに発売!

【まとめ】メンズヘルスクリニック東京は行く価値アリ?!

メンズヘルスクリニック東京の診察券

メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカルグループ)の持つ薄毛治療の経験・実績は、他のAGAクリニックよりもアタマひとつ抜けている感があります。

そして、このページでもすでに書きましたが、カウンセリングや診察について非常に丁寧におこなってくれるので信頼度も高いです。

初めて薄毛治療を検討する人にとっては、不安な事や確認したい事もたくさんありますよね?質問に対して丁寧に回答してくれるので安心して治療に臨めると思います。

ただし、その一方で、他のクリニックよりも治療費用が高額である点は否定できませんので、そのあたりも含めて判断してみてください。薄毛治療は継続が大事なので、最低でも半年~1年は通う必要がありますからね。

ただし、ある程度、発毛してしまえば、後はプロペシアやファイザー(プロペシアのジェネリック薬)だけを使用する「維持作業」の期間に入ります。なので、そこまでいけば毎月の費用は5,000円以下に抑えることが可能です。

当サイト【ヘアリバ】は良い面も悪い面も全て本音で書いているので、メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカルグループ)の検討材料にしてみてください。

ヘアリバからは以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です