【ゴリラクリニックの薄毛治療】ガチで行って分かった10個の事実

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックの公式サイト

ゴリラクリニックは男性専門の美容クリニック。

今回紹介する薄毛治療(ゴリラ発毛)以外にも、ヒゲ脱毛やニキビ跡のスキンケアなど男性だけを対象にした美容医療をおこなっています。

女性メインで治療しつつ、男性も受け入れている美容クリニックは多いですが、ゴリラクリニックは男性の患者さんしかいません。

なので、待合室などで女性患者さんと出くわすことがありません。(※リゼクリニックとの提携院となっている新潟院だけは、女性向けの美容医療も扱っているため女性も来院します)

2018年現在、ゴリラクリニックは新宿本院を中心に計9院。主な治療方法は内服薬による治療とHARG療法になります。

MEMO

【主な治療方法】

薬治療/HARG療法

【開院エリア】

  • 新宿本院
  • 池袋院
  • 銀座院(2018年開院予定)
  • 上野院
  • 横浜院
  • 名古屋栄院
  • 大阪梅田院
  • 福岡天神院(2018年開院予定)
  • 新潟院(リゼクリニックとの提携院)

では早速、ゴリラクリニックの薄毛治療「ゴリラ発毛」についてチェックしていきたいと思います!

治療実績97%はホント?それとも嘘!?

ゴリラクリニックの治療成功率97%

まず気になるのがゴリラクリニックの公式サイトに大きく載っている「驚異の成功率97%」という数字・・・

97%と聞くと、どんな薄い人でもあってもほぼフサフサに髪の毛が復活しそうなイメージがありますが、実際にはそんなことはありません。

マナブ君

エッ!?じゃーこのクリニックはウソを書いてるってこと!?

97%の数字の下に書いてある注釈にはこう書かれています。

※ゴリラクリニック実施のAGA治療:2015年3月時点での成功率

(ゴリラクリニックの公式HPより引用)

問題はこの『成功率』という言葉。何をもって成功というのかがきちんと書かれていないため、色々と解釈ができてしまうんですよね。

  • 産毛レベルで1本でも生えたら成功なのか?
  • 毛が太くなったら成功なのか?
  • フサフサになったら成功なのか?
  • 本人が結果に満足すれば成功なのか?

どのレベルでもって成功なのかが分かりません。

また、Q&Aではこのように補足されています。

ゴリラクリニックのQ&A

成功率は、本当に97%ですか?

はい、本当です。

プロペシア・ミノキシジル治療の成功率は現時点では98%以上、薄毛(AGA)治療薬「ミノフィアG」は99%以上、 ヘアマトリックス治療94%、ほぼ無痛(ノンニードル)ハーグ治療94%、平均97.2%です。 今後、事例が増えるごとに成功率は変動しますので、サイト上の表記についても連動して変更していきます。

(ゴリラクリニックの公式HPより引用)

Q&Aを見ても治療方法ごとの成功率は載っていますが、成功率の定義がどこなのかは書いてありません。

これは管理人の推測ですが、『成功率』というのは「治療開始前よりも何かしら毛が増えたり太くなったりした人の割合」のことを指しているのだと思います。

少なくとも治療を受けた人全員がフサフサになって大満足した割合ではないと考えられるので、97%という数字をイメージだけで信じすぎるのは危険だと思います。

治療法別のパーセンテージについて
Q&Aの中で、薄毛(AGA)治療薬「ミノフィアG」は99%以上、 ヘアマトリックス治療94%、ほぼ無痛(ノンニードル)ハーグ治療94%、平均97.2%です。とあります。

ミノフィアGに比べてヘアマトリックスやハーグ治療は高額ですが、逆に成功率の割合は下がっています。これは薄毛の進行が軽度な人はミノフィアGを、ある程度進行している人は後半の2つの治療を受けることが多いためこのような結果になっています。

決してヘアマトリックスやハーグがミノフィアGよりも劣っているわけではありません。

ミノフィアGのポイントは1粒に全成分が含まれていること

ゴリラクリニックの内服薬「ミノフィアG」

ゴリラクリニックのオリジナル内服薬「ミノフィアG」は、1粒の中にフィナステリドやミノキシジル、髪の毛に良いビタミンなど全ての成分が配合されています。

通常、他のAGAクリニックでは

  • フィナステリドで1錠
  • ミノキシジルで1錠
  • 各種ビタミン・ミネラルで1錠

といった感じで、それぞれが1錠ずつに分かれていることが多く、さらに、その中のミノキシジルは2錠飲むといった感じで、合計4~5錠飲むといったケースが多いです。

ミノフィアGの成分一覧
フィナステリド、ミノキシジル、Lーリジン、L-システィン、焼成カルシウム、ドロマイト、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、チアミン、リボフラビン、葉酸

マナブ君

僕みたいなズボラな性格だと、飲んでいるうちにどの薬を何錠飲んだのか分からなくなるかもしれないなぁ・・・(汗)

その点、ミノフィアGであれば『朝食後に1回2錠を飲む』これで終わりです。

1錠に全成分が入っているため飲む錠数が少なくなり、負担が軽くなるということですね。

「そんな大げさな~」と思う人もいると思いますが、薬は毎日飲むことが必要になるので、「飲む錠数が少ない」というのはボディブローのように効いてきます。

風邪などの病気と違ってAGA治療は完治することが基本的にありません。治療を止めれば再び薄毛が進行してしまうので、飲む負担は少なければ少ないほど良いのです。

「ほぼ無痛ハーグ治療」は痛みがあることも考えておいた方が良い

次にゴリラクリニックのメソセラピー治療である「HARG療法(ハーグ療法)」について見ていきます。

HARG療法は脂肪幹細胞から取り出してきた成長因子を中心に、毛髪に良い各種ビタミンやタンパク質、アミノ酸などを混ぜた「HARGカクテル」という専用の薬剤を頭皮に注入する治療です。

HARGカクテルによって毛母細胞が刺激されて活性化し、休止期にあった毛母細胞が成長期へと移行します。成長期が短くなり乱れてしまったヘアサイクルが正常に戻ることで、髪の毛が復活するという薄毛治療法の1つですね。

MED-JET(メドジェット)

この鉄砲のような見た目の医療器具がMED-JET(メドジェット)です。

通常のHARG療法では注射器によってカクテルを注入することが一般的ですが、ゴリラクリニックでは「MED-JET(メドジェット)」と呼ばれる医療機器を使って注入していきます。

ほぼ無痛ハーグ治療(ノンニードルHARG注入療法)の治療の様子

頭皮にメドジェットを押し付けて鉄砲のようにパンパン打っていきます。

このメドジェットを使うことで、注入時の痛みをほぼ抑えることができる(注射の痛みより70%減)というわけなんですね。そして、治療名も『ほぼ無痛ハーグ治療(ノンニードルHARG注入療法)』という名称になっています・・・

ですが、実はコレ、けっこう痛いんです。

ゴリラクリニックの公式HPでは

この「MED-JET」は、炭酸ガスの圧力を利用することにより、 一般的な美容外科用(0.26mm径)の注射針はもちろん、蚊の針(0.06mm)の半分の0.03mmの小さな浸入点から、効率的に頭皮下に薬剤を注入・浸透させることが可能です。

(ゴリラクリニックの公式HPより引用)

注射器と蚊の針とメドジェットの比較

と紹介されていて、「蚊の針の半分の穴ぐらいなら全然痛くないじゃん!」って思いますよね!?

MEMO

開発元であるカナダのMIT社(メディカル・インターナショナル・テクノロジーズ)からメドジェットを輸入して各クリニックに販売しているメトラス社が、PR動画(1分40秒ほど)をYoutubeにアップしていたので参考までに載せておきます。

▼▼メドジェットのPR動画▼▼


動画を見ても痛みはほとんどなさそうに紹介されていますが、他のAGAクリニックでメドジェットによる成長因子の注入治療を受けた管理人の感想は「けっこう痛い」です。決して痛みが少ない・痛みが無いとは言えないんじゃないかと思います。

痛みについては個人差もありますし、感覚的なモノなので文章では伝えづらいのですが、痛みがほとんど無いと思って受けると、たぶんビックリすると思います。

HARG療法&メドジェットは他のAGAクリニックでも導入実績アリ

先ほどの「HARG療法&メドジェット」の組み合わせ治療ですが、実はゴリラクリニックだけの治療法ではありません。

全国の中央クリニックグループ

全国の主要都市に展開している中央クリニックグループでは、全ての院でこの「HARG療法&メドジェット」による薄毛治療を扱っています。また、東京にある四谷ローズクリニックでも同じ治療(エアーショットHARG療法)をおこなっています。

HARG療法&メドジェットを導入しているクリニック

  • ゴリラクリニック
  • 中央クリニック
  • 四谷ローズクリニック etc…

エアーショットHARG療法を扱う四谷ローズクリニック

ちなみに四谷ローズクリニックの吉澤院長は、2013年に国内で初めてHARG療法にメドジェットを導入した人で、自分自身もHARG療法を2008年に受けています(その時はメドジェットではなく注射)。

そして、四谷ローズクリニックでおこなっているのはHARG療法による薄毛治療のみ。そして、患者へのHARG療法は全てこの吉澤院長自身がおこなっているということでした。

なので、「HARG療法&メドジェット」に興味がある人で、もし東京(四谷)に通えるのであれば、症例件数の多い四谷ローズクリニックも候補の1つとして加えておいても良いのかなと思います。

もし四谷まで通えないのであれば、東京以外にも院があるゴリラクリニックや中央クリニックなどになっちゃいますね。

ヘアマトリックスはゴリラクリニックのオリジナル治療(現状では)

ヘアマトリックス注入療法の治療の様子

ゴリラクリニックにはHARG療法を改良した『ヘアマトリックス注入療法』という治療方法があります。

簡単に説明すると、「HARGカクテルの粘り気を増やして効果をアップさせた」という治療法ですね。

通常のHARG治療に用いられるサイトカイン製剤の成分はそのままに、注入後の患部に長時間滞在することが可能な「架橋構造」を強化しました。

(ゴリラクリニックの公式HPより引用)

「架橋構造」の強化というのが、「粘り気を増やして~」ということです。

これまでHARGカクテルは3日ぐらいしか頭皮に留まらなかったのですが、その持続期間を10日に伸ばしたことで、HARG療法の効果を2倍に引き上げることができるようになったみたいです。

ただし、写真を見てもらえれば分かるように、メドジェットではなく痛みの大きい注射器による施術になります。

メドジェットを使わない理由は、薬剤に粘り気があるためにメドジェットの管が詰まってしまうからです。なので現状では注射器による施術しかできません。今後の改良に期待ですね。

管理人もこういうサイトを運営しているため、数多くのAGAクリニックのHPを見ていますし、40以上のAGAクリニックに足を運んで治療も体験しているので、それなりに経験値はあると思うのですが、この「ヘアマトリックス注入療法」というのを扱っているクリニックは、恐らくゴリラクリニックだけだと思います。

もし、HARG療法に興味があり、より強力なヘアマトリックス注入療法を受けたいのであれば、現状ではゴリラクリニックしか選択肢はないのかなと思います。

ただし、

このオリジナルサイトカイン製剤は、米国食品医薬品局(FDA)の安全基準を満たしたバイオ施設で徹底した安全管理のもとで製造されています。また、院内において臨床試験を実施し安全性を検証済みです。

(ゴリラクリニックの公式HPより引用)

とあるので、もしかするとバイオ施設で製造したヘアマトリック用の薬品を、ゴリラクリニックが単に仕入れて使っているだけかもしれません。

その場合は仕入れのルートさえ確保できれば、他のAGAクリニックでも同じ治療法を導入できる可能性はあります。そういったクリニックが増えて、金額がより下がってくればいいんですけどね、、、^^;

内服薬は良心的だが残りの2つのHARG療法は非常に高額

オリジナル内服薬の料金比較

クリニック名 金 額
湘南美容クリニック 10,666円
ゴリラクリニック 16,000円
銀座総合美容クリニック 17,500円
AGAスキンクリニック 24,000円
メンズヘルスクリニック東京 25,000円
備 考
※金額は全て1ヶ月あたりの税抜料金
※公式サイトに税込金額しか載っていない場合は、税抜に計算し直して小数点以下は切捨
※キャンペーンやお試し価格で初月のみ安くなる場合もありますが表には通常料金を掲載
※湘南とAGAスキンは6ヶ月コースを選んだ場合の1ヶ月あたりの金額

ゴリラクリニックの内服薬「ミノフィアG」ですが、1粒に全成分が含まれており、投薬による薄毛治療をするにあたっては良心的な価格だと思います。

他のクリニックと比較しても安い方です。ですが、湘南美容クリニックと比較すると割高に感じてしまいますよね、、、

実は2018年3月まで湘南の金額は1ヶ月あたり15,432円だったので、ゴリラクリニックとの差額は500円程度だったのですが、湘南が治療金額をかなり下げたため、金額差が約5,000円にまで広がっています。

▼▼関連記事▼▼

湘南美容クリニック(旧:AGAルネッサンスクリニック)【湘南美容クリニックの薄毛治療】治療薬の料金が非常にリーズナブル

湘南の内服薬はフィナステリド、ミノキシジル、各種ビタミン・ミネラルの3種類に分かれており、ミノキは2錠で他は各1錠の合計4錠を1日に飲まないといけません。

その点、ミノフィアGは1日2錠を飲むだけなので、「手間」という部分ではミノフィアGがお手軽なのですが、金額差5,000円はかなりデカいですよね・・・

5,000円の金額差を考えても飲む錠数は少ない方がイイ人はゴリラクリニックが良いと思います。ちなみにミノフィアGは初月のみ9,800円で治療をスタートできますよ。

一方で、ゴリラクリニックの2種類あるHARG療法(ノンニードルHARG注入療法とヘアマトリックス注入療法)は非常に高額です。

これは何もゴリラクリニックが悪いわけではなく、「日本医療毛髪再生研究会」というところが元締めとなってHARG療法の最低価格などを決めているので非常に高額なのです。

参考 ハーグ療法 医療機関向け情報発信ページ日本医療毛髪再生研究会

注入部位の面積別に整理をして、各クリニックの料金を掲載しておきます。

HARG療法&メドジェットの料金比較

クリニック名 治療名称 生え際 or 頭頂部 生え際 + 頭頂部
ゴリラクリニック ノンニードルHARG注入療法 都度払い1回100,000円
6回コース1回80,000円
12回コース1回70,000円
中央クリニック HARG療法 1回120,000円
※トライアル80,000円
1回150,000円
※トライアル100,000円
四谷ローズクリニック エアーショットHARG療法 1回80,000円 1回150,000円
備 考
※金額は全て税抜料金
※ゴリラクリニックは初診料3,000円ですがLINE登録で無料・再診料0円
※中央クリニックは初診料0円・再診料0円
※四谷ローズクリニックは初診料(2回目以降は再診料)5,000円・メドジェット使用料1回ごとに5,000円が別途必要

備考のところにも書いてますが、四谷ローズクリニックでは初診料(2回目以降は再診料)5,000円とメドジェット使用料5,000円の合計10,000円が治療費とは別にその都度かかってくるので注意してください。

次にゴリラクリニックのもう1つのHARG療法であるヘアマトリックスの金額です。

ゴリラクリニック独自のヘアマトリックス注入療法の料金

クリニック名 治療名称 生え際 or 頭頂部 生え際 + 頭頂部
ゴリラクリニック ヘアマトリックス注入療法 都度払い1回140,000円
6回コース1回112,000円
12回コース1回91,000円

ヘアマトリックスの方がノンニードルHARG注入療法よりも効果が高い分、金額も高いですね(当たり前ですが・・・)

このようにHARG療法&メドジェット(ノンニードルHARG注入療法)にせよヘアマトリックスにせよ、HARG療法には1回あたり10~15万円前後の費用が掛かってきます。

そして、(これはメソセラピー治療全般に言えることですが)1回だけHARG療法を受けたとしてもほとんど効果は表れません。

効果が現れてくるのは3~4回目ぐらいから、そしてある程度の状態まで増やすためには最低でも月1~2回のペースで計6回~12回ぐらい継続して受け続けないといけないので、60~100万円ぐらいの費用が掛かってきてしまいます。

具体的にゴリラクリニックの5年間分のトータルコストを一例で試算してみます。

【5年間の総費用合計】税抜1,103,800円(1年あたり220,760円⇒1ヶ月あたり18,396円)

【内 訳】

  • 診察料 0円
    (初診料3,000円ですがLINE登録で無料・再診料0円)
  • ミノフィアG 89,800円
    (初月9,800円+2ヶ月目~6ヶ月目16,000円)
  • ミノキシジル外用薬 48,000円
    (1本8,000円/ロゲインフォームを月1本ペースで使用して6本分)
  • ほぼ無痛ハーグ治療 480,000円
    (ノンニードルHARG注入療法6回コース)
  • プロペシア 486,000円
    (1ヶ月分9,000円/7ヶ月目以降のプロペシア費用54ヶ月分)

実際にはこの金額を医療ローンなどを活用して月々1~3万円ぐらいの支払金額に設定して治療を開始する人が多いのですが、果たしてここまでの金額を掛けて治療するべきかどうかはしっかりと考えるようにしてください!

カウンセリングや診察を受けたその日のうちに契約する人も多いと聞きますが、1度家に持ち帰った上で改めて冷静に検討してから返答するようにしましょう!

無料で医師の診断が受けられるのはGood

ゴリラクリニックの薄毛治療カウンセリングルーム

ゴリラクリニックでは専任のカウンセラーによるカウンセリングはもちろん、LINE@への友達追加かDMの受取に同意すると、医師による診察も「無料」で受けることができます。

同意ナシの場合は、初診料として税込3,000円が掛かってしまうので、管理人は迷わず同意しました(笑)

AGAクリニックによっては無料カウンセリングのみで、医師による診察は別途有料、または治療を開始すると決めてからでないと診察を受けられないところもあります。

その点、ゴリラクリニックでは医師の視点からきちんとAGAの説明や原因、頭皮のチェック、薬の説明と副作用について詳しく解説してもらえるのでアリガタイです。

特にゴリラクリニック新宿本院の院長でもある稲見医師は、ミノフィアG・ノンニードルHARG注入療法・ヘアマトリックス注入療法の全ての治療を自身で体験済なので、説明にも説得力がありました。

新宿本院以外の医師が薄毛治療を受けているのかどうかは分かりませんが、関東圏の方はぜひ稲見医師に診察をしてもらうとイイと思います。

タイミングによっては稲見医師が別のクリニックに異動していたり、別の院に転院している可能性もあるので確認するようにしてください。

クリニックは男性専用ですがスタッフには女性もいるので注意

ゴリラクリニックの受付

ゴリラクリニックは「男性患者のみ」というのが特徴の1つになっています。

なのでリゼクリニックとの提携院となっている新潟院を除いて、待合室などで女性患者さんと出くわすことがありません。

しかし、受付のスタッフやカウンセラーさんには女性の方もいるので、100%男性のみというわけではありません。

人によって「女性に薄毛の悩みを相談するのは少し恥ずかしい・・・」と感じる人もいるかと思います。

もしも、患者さんもクリニックのスタッフも全員男性が良いならば、ABCクリニックを検討してみてください。

HARG療法は扱っておらず薬治療のみしか扱っていませんが、ABCクリニックは男性患者のみを対象にしていて、さらに受付からカウンセラーから医師まで文字通り100%男性しかいません。

全ての院で同じ治療が受けられるわけではありません

ゴリラクリニック上野院・名古屋栄院・新潟院ではミノフィアGの処方のみ

ゴリラクリニックは現在、新宿本院・池袋院・上野院・横浜院・名古屋栄院・大阪梅田院・新潟院(※銀座院と福岡天神院は2018年開院予定)の7院で展開しています。

全国の主要都市に院を展開しているので、引越や転勤などがあったとしても近くの院で継続して薄毛治療を受けることが可能です。転勤までいかなくても出張先で治療薬を購入することもできます。

しかし、上野院・名古屋栄院・新潟院ではミノフィアGの処方のみとなっています!

ほぼ無痛ハーグ治療(ノンニードルHARG注入療法)やヘアマトリックス注入療法が受けられる院は限られているので、念のため注意するようにしてくださいね。

ゴリラクリニックの薄毛治療まとめ

ゴリラクリニックに通う有名人

ゴリラクリニックは格闘家やスポーツ選手、お笑い芸人、ホリエモンなど多くの有名人が通っているクリニックです。上のキャプチャー画像はヒゲ脱毛のサイトから取ってきました。

「通っている」といっても、公式HPで堂々と体験談が紹介されているのは、宣伝としてタイアップの依頼を受けているんだと思いますが・・・^^;

まあ、そういった宣伝の一環ではなくても、純粋に通っている有名人も多いと思います。

そういう意味では男性が美容クリニックに行くことを身近にしているクリニックじゃないかなと思います。

ゴリラクリニックのイメージキャラクター「Dr.ゴリラ」

エントランスにあるイメージキャラクター:Dr.ゴリラ

ゴリラクリニック仕様の自動販売機

ゴリラクリニック仕様になっている自動販売機

少し前であれば、男性が美容クリニックにいくなんてどうなの!?的な考え方も強くありましたが、だいぶ男性の美容医療に対するハードルも下がってきています。

ゴリラクリニックの待合室に描かれた壁画

待合室に描かれた「Dr.ゴリラ」の壁画

ゴリラクリニックのウォーターサーバーの紙コップ

ウォーターサーバーの紙コップも凝ってます

内装もいわゆる美容クリニックらしからぬ雰囲気ですし、ゴリラクリニックという名前も男性的でインパクトありますよね。

薄毛治療もこういったクリニックであれば、気軽に相談できる!治療も通いやすい!という人もいると思うのです。

HARG療法はかなり高額なのであまりオススメはしませんが、ミノフィアGによる内服薬の治療であればアリなのかなと思います。

当サイト【ヘアリバ】は良い面も悪い面も全て本音で書いているので、ゴリラクリニックの検討材料にしてみてください。

ヘアリバからは以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です