【効果実感の目安は6ヶ月後】AGA治療に掛かる期間はどのぐらい?

AGA治療に掛かる期間は?

【効果実感の目安は6ヶ月後】AGA治療に掛かる期間はどのぐらい?

(大前提)AGA治療には時間が掛かる

AGA治療のカレンダー

AGA治療を受ける前に気になるポイントの1つは、「どれぐらいの治療期間が掛かるのか?」ということ。

やはり「治療」と言うからには、すぐに「発毛」という目に見える結果が欲しいですよね!?ですが、残念ながらAGA治療を受けたからといって、すぐに髪の毛が生えてくるわけではありません。

具体的には治療効果を感じ始めるまでに最低3ヶ月~6ヶ月、ある程度の髪の毛が生えそろうまでに掛かる期間の目安は約1年です。

ハヤシ先生

すぐに効果を実感できないと途中で心が折れたり、治療費用がモッタイないと感じたりすると思うけど、焦らずに治療を続けていくことが大事だよ!

ここでは時系列にどんな感じで治療効果が出てくるのか、詳しく紹介していこうと思います。

併せて、より治療効果を早めたり高めたりする方法に関しても、ページ後半で紹介しているので参考にしてみてください!

発毛効果が感じられるのは治療開始3ヶ月~6ヶ月後

AGA治療開始~4ヶ月

冒頭でも書きましたが、AGA治療には非常に時間がかかります。

一般的に発毛効果を実感できるまでには早くて3ヶ月程度。多くの場合で6ヶ月程度の期間がかかります。

もちろん目に見える発毛ではなく、髪の毛にコシやハリがなんとなく感じられるレベルであれば3ヶ月未満で治療効果を実感できる人もいます。

なぜ、AGA治療に時間が掛かるかというと、これには毛周期(ヘアサイクル)が関係しています。

▼▼関連記事▼▼
AGAと毛周期の関係性【AGAと毛周期の関係性】抜け毛が多い=薄毛になるというのは真っ赤な嘘

3ヶ月間の休止期を経て新しい髪の毛が生えてくる

乱れだ毛周期を正常な毛周期に戻していく

ある意味でAGA治療は、薬治療やメソセラピー治療を受けることによって、「乱れた毛周期を正常なサイクルに戻していく治療」と言えます。

治療を開始すると、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けた毛髪は、そこからすぐに太くなっていくわけではなく、毛穴から一度抜け落ちます。

その後、約3ヶ月間の休止期を経て成長期に移り、DHTの影響を受けていない正常な毛周期を持った髪の毛が生えてきます。

AGA治療の効果を感じ始めるまでには「早くて3ヶ月程度」と書きましたが、これはこの休止期の3ヶ月間を経ないと正常な髪の毛が生えてこないからですね。

そして、3ヶ月後に正常な髪の毛が生えてきたとしても、髪の毛が1日に伸びる長さは0.3~0.4mmほど。

生えてきた初期の段階では髪の毛も細かく短いので、パッと見てすぐに認識できるようなものでもありません。

そこから順調に髪の毛が太く長く育ってきて、手触りや見た目などから何となく発毛を実感できるようになります。この段階になるまでに、多くの人は約6ヶ月間ぐらいの期間が掛かります。

治療開始2週間~1ヶ月間に起きる初期脱毛は効果が出ている証拠でもある

AGA治療を開始するにあたって、必ず知っておいてもらいたい現象が「初期脱毛」です。

これは治療開始から2週間~1ヶ月間ぐらいの初期に起こる、普段よりも抜け毛が多くなってしまう脱毛現象のことを指します。

初期脱毛にも個人差があるため、初期脱毛が無かった(自分では特に何も感じなかった)という人もいますが、人によっては髪の毛が1日300~400本も抜けるようになります。

マナブ君

「1日300~400本」って言われても、いまいちピンとこないな~

ハヤシ先生

平常時は1日100~200本ぐらいなので、普段の約2倍の量の毛が抜けることになるんだよ!

先ほどDHTの影響を受けた髪の毛は一度毛穴から抜け落ちると書きましたが、治療効果によって新しく下から生えてくる正常な髪の毛によって、古い毛が毛穴から押し出されてしまうのです。

それらの髪の毛が、通常のサイクルで抜ける予定だった髪の毛に足されるため、通常よりも抜け毛の本数が増えてしまいます。

発毛させようとして逆に抜け毛が増えてしまう初期脱毛の期間は、非常に不安やストレスを感じやすい時期です。ですが、これはAGA治療の効果が出ていることの証拠でもあるのです。

診察でも医師から初期脱毛の事は説明されますが、ここは治療効果を信じて乗り切っていかないといけません。逆にここで勝手に治療を中断してしまうのは非常にもったいないです。根気強く治療を継続しましょう。

6ヶ月~1年ぐらいで治療効果がMAXに

AGA治療開始4ヶ月~1年

初期脱毛の期間を乗り越え、さらに発毛効果を感じづらい3ヶ月間を乗り切ると、しだいに治療効果を感じられるようになってきます。

多くのケースでは大体6ヶ月ぐらい経つと、8割~9割ぐらいの人が何かしらの治療効果を感じるようです。

そして、そこから治療開始約1年ぐらいまで髪の毛は増えていき、このあたりが治療効果のほぼMAX値となります。

1年が経過した後も少しは増えてはいきますが、これまでのような勢いで発毛効果は出ない可能性が高いです。

また、人によっては半年経っても、いまいち治療効果を感じられない場合もありますが、1年経って初めて治療効果を実感できる人も中にはいます。最低でも1年間は治療を継続するようにしましょう。

トンガリ君

1年経ってから初めて効果を実感できる場合もあるっていうけど、それって遅すぎない?

ハヤシ先生

そう思うのも無理ないよね・・・(汗)ただ、1年間治療を継続しても効果が出ない人も実はいるんだよ。残念ながらAGA治療も100%発毛するわけではなくて、その場合は医師と相談して治療を中止するか、別の方法を検討するしかないんだ。

効果が打ち止めになる1年~2年後をメドに維持作業へと移行

AGA治療はAGAを根本的に治すものではありません。

あくまでも治療薬を飲んでいる間だけ「AGAの進行を抑えている」に過ぎません。もし薬の服用を止めてしまうと再び薄毛が進行してしまいます。

なので、発毛効果を持続させるためには薬を飲み続ける必要があります。

多くのAGAクリニックでおこなっている薬治療では、フィナステリドとミノキシジル、サプリメントの3種類を組み合わせて治療を進めていきますが、ある程度発毛の上限がきた段階でフィナステリドのみの服用に切り替えます。

▼▼関連記事▼▼
AGA治療の基本アプローチ【AGA治療の基本的アプローチ】認められている3つの薬と発毛効果

ミノキシジルの発毛効果が打ち止めになるので、あとはフィナステリドを使って抜け毛を防ぎ、生えてきた髪の毛の現状維持をおこなう段階に入るということですね。

切替の目安としては治療開始1年~2年後から。ここまでくれば服用する薬の数が減るので、だいぶ治療の負担感が和らぎます。

ハヤシ先生

費用的にもフィナステリドだけになるので毎月の費用はもちろん下がりますし、ジェネリック薬などを使ったり、(最初から行うことはオススメしませんが)個人輸入などをおこなうことで、毎月の治療費用を月々3,000円ぐらいに抑えることも可能です。

唯一、植毛であればDHTの悪い影響を受けない後頭部や側頭部の髪の毛を移植するので、基本的には移植した髪の毛はそのままDHTの影響を受けずに生え続けます。

なので植毛であれば、治療薬を服用せずに髪の毛を維持できると考える人もいるかもしれません。

しかし、移植した髪の毛は生え続けたとしても、元々髪の毛が残っていた部分は、引き続きDHTの影響を受けるのでAGAが進行してしまいます。

そのままの状態でほっておくと、植毛をした部分だけ「離れ小島」のように残ってしまい、周辺の髪の毛が無くなってしまうという変な状態になってしまいます。

なので植毛を受けたとしても、抜け毛を防ぐフィナステリドは服用する必要があるのです。

ここまで通常のAGA治療を受けた場合の基本的な経過を説明してきました。

治療開始後3~6ヶ月経ってやっと効果を実感できるというのは、忍耐力が必要になりますよね。人によってはもっと早く発毛させたいという人もいると思います。

次からは短期間で効果を出すための方法を2つ紹介したいと思います。

短期間で治療効果を出す2つの方法

ミノキシジル外用薬を使う

AGAスキンクリニックのミノキシジル外用薬「Rebirth」

AGAスキンクリニックのミノキシジル外用薬「Rebirth」

基本的にAGA治療はフィナステリドとミノキシジルの2種類の内服薬を服用して進めていきますが、ここにさらにミノキシジルの外用薬を組み合わせます。

ミノキシジル内服薬(ミノキシジルタブレット)は身体の「内側」から発毛を促しますが、頭皮の「外側」からも同様にミノキシジルを塗ることによって、ダブルで発毛効果を高めることができます。

市販されているミノキシジルを5%配合した「リアップX5プラス」などを使用してもいいですし、AGAクリニックでオリジナルに処方してもらえるミノキシジル外用薬を使うのもOKです。
(リアップを使用する場合は、そのことを必ず事前にクリニック側へ伝えるようにしてください)

AGAクリニックでは医師の診察のもと、市販されているリアップよりも濃度の高いミノキシジル外用薬を処方してもらえます。

たとえば、メンズサポートクリニックでは最大15%の外用ミノキシジルの処方が可能となっています。

他にもAGAスキンクリニックではミノキシジル6.5%、湘南美容クリニックではミノキシジル6.5%に加えて、フィナステリドも配合したオリジナル外用薬を取り扱っていますよ。

より発毛効果を高めたいのであれば、AGAクリニックの外用薬を利用するのも1つの方法です。

▼▼関連記事▼▼
メンズサポートクリニックガチ体験【メンズサポートクリニックの薄毛治療】豊富な治療薬とメソセラピーの細かい薬剤設定がウリ AGAスキンクリニック【全国展開&最大手】AGAスキンクリニックの薄毛治療の特徴|効果・費用&口コミ・評判

メソセラピー治療を追加で受ける

AGAスキンクリニックのメソセラピー治療「Dr’sメソ」

AGAスキンクリニックのメソセラピー治療「Dr’sメソ」を受けている様子

多くのAGAクリニックでは薬治療以外にメソセラピー治療を扱っています。

メソセラピー治療はミノキシジルや成長因子を直接頭皮に注入していく治療になります。

生え際やM字部分、頭頂部といった薄毛が気になる部分にピンポイントで有効な成分を注入することができるので、より治療効果を高めることができます。

湘南美容クリニックで行われている「毛髪再生スマートメソプレミアム」を追加で受けた場合に効果の出方は次のようなものとなっています。

毛髪再生スマートメソプレミアムを追加で受けた時の発毛効果

グラフのように、メソセラピー治療を受けることで発毛効果の初速を高めることができるというわけです。

▼▼関連記事▼▼
湘南美容クリニック(旧:AGAルネッサンスクリニック)【湘南美容クリニックの薄毛治療】治療薬の料金が非常にリーズナブル

また、最終的な発毛結果についても、薬治療だけを受けるよりも発毛率が高いというデータもあります。

下のグラフは新宿AGAクリニックの公式サイトでメソセラピー治療を説明している時に使われているグラフです。

新宿AGAクリニックでメソセラピー治療を受けた時の発毛効果

メソセラピー治療の費用は、リーズナブルと言われる銀クリ(銀座総合美容クリニック)であっても約2万円と高額です。ですが、AGAの進行が進んでいる人や、より高い発毛結果を求める人は利用を検討してみてもイイと思います。

▼▼関連記事▼▼
銀座総合美容クリニック【銀クリの薄毛治療】ガチで行って分かった4つのメリットとデメリット

ミノキシジルを服用する量を勝手に増やすのは危険

ミノキシジルの効果は服用する薬量を増やせば基本的には高くなります。

なので、1日に服用する錠数を増やすといった方法で血中のミノキシジル濃度を高めるやり方も物理的には可能ですが、この方法は非常に危険です。

ミノキシジルは濃度を高めると副作用が出やすい治療薬です。実際のAGA治療ではまず2.5mg程度の低濃度のミノキシジルから服用を始めてみて、身体に問題がなければ医師と相談の上でミリグラム数(錠数)を少しずつ増やしていきます。

クリニックの方針にもよりますが、濃度を上げるのは早くても6ヶ月後、人によっては1年が経過した後からです。

発毛効果を早く出したいからと言って、1日1錠服用するところを勝手に2錠飲んだりするようなことは止めましょう。処方された薬は必ず用法や用量を守るようにしてくださいね。

治療方法ごとの期間目安と掛かる費用

ここまで主に薬によるAGA治療を受けた場合を想定して、治療期間について説明してきました。

参考までに治療内容ごとに掛かる平均的な期間と、1回に掛かる目安費用を表にしてみます。

薄毛治療に掛かる平均期間と費用

治療方法 期 間 費 用
薬治療 6ヶ月~1年 2,000円~30,000円/月
メソセラピー治療 3ヶ月~1年 20,000円~100,000円/回
植毛 1年 500,000円~/回
備 考
※治療期間は「治療開始から発毛効果が実感できるようになる期間~ある程度満足するレベルまでに発毛する期間」
※薬治療やメソセラピー治療の費用は、処方される薬や成長因子の種類、契約回数などによって変わってきます。
※植毛費用は1度に植毛する髪の毛の量や術式によって変わってきます。

植毛については、植えた毛は一度抜け落ちることになります。植えた直後からそのまま引き続き成長していくわけではありません。

抜け落ちた後、同じ毛穴からAGAの影響を受けていない新しい毛が生えてきます。なので、ある程度生えそろうまでには、他の薬治療やメソセラピー治療と同じぐらいの時間が掛かります。

AGA治療に掛かる期間を語る時の難しさ

AGA治療に掛かる期間を語る時に難しいのは、「どの段階をもってして治療終了なのか」が、人それぞれ個人の考え方・感じ方によって異なるという点です。

このことはAGAクリニックでも何度も言われました。

もし仮に同じぐらい量の毛髪が発毛したとしても、ある人は大満足、ある人はまだ足りないといったようなことが起こり得ます。その人の捉え方しだいで、AGA治療に掛かる期間は長くとも短くともなるというわけですね。

掛かる費用についても同じようなことが言えます。自分が満足するレベルが高ければ、その分の費用は掛かりますし、ほどほどで良ければ費用もそれなりの範囲で収まります。

また、すでに書きましたが治療を継続すればするほど、髪の毛が増えるのか?というと、そういうことはありません。

薬治療であれメソセラピー治療であれ、現在のどんな治療法をもってしても、どこかで上限がきます。

そして、自分が過去に生えていた以上にまで増えることはありません。発毛できる毛量には限界があるのです。

AGA治療を最終的に止めるタイミングは本人次第

現在のAGA治療は髪の毛を増やした後、それを維持するための継続治療が必要になります。

もちろん本人が希望すれば、いったん治療を止めて髪の毛がどうなるのか経過を見てみるといったことも可能です。

もし、それでうまく維持できるようであれば、それがベスト。もし、ちょっとまた減ってきたかなーと感じてきたら、その時に治療を再開することもできます。

ただ、継続治療を完全に止めるタイミングは本人でしか判断できません。

タイミングは人それぞれなので、医師や管理人を含めて他人がとやかく言うことではないですよねね・・・^^;

AGA治療は終わりが明確に決まっていない、「本人がどこまでやるのか?」にかかってくる治療である、ということは最後に書いておきます!

ハヤシ先生

薄毛のままでも自分が特に気にならなくなってきた時期(例えば同年代の男性の多くが薄毛)や、自分の気持ちに区切りがつく年齢(例えば60歳を迎えた時)で治療を止める人が多いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です