【AGA治療の案内板】日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン2010年版」を徹底解説

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

【AGA治療の案内板】日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン2010年版」を徹底解説

男性型脱毛症診療ガイドラインとは?

「男性型脱毛症診療ガイドライン」に関する朝日新聞掲載記事

「男性型脱毛症診療ガイドライン」発表時には朝日新聞の朝刊(2010年4月14日)にも掲載されました。

「男性型脱毛症診療ガイドライン」とは、2010年4月に日本皮膚科学会から発表された薄毛治療(AGA治療)の標準的な指針を記した48ページからなるレポートのこと。

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)要旨(10ページ)と症例試験の内容や結果(38ページ)の合計48ページにわたるレポートです。

参考 男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)※PDFファイル公益社団法人日本皮膚科学会
MEMO
2017年に男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)が改訂されました!
男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)【男性型脱毛症診療ガイドラインが2017年改訂に】2010年版との違いや新しいAGA治療への評価は?
  • 不安を煽って高額な契約につなげようとする一部の悪徳育毛サロン
  • 医薬部外品や化粧品販売メーカーがおこなう発毛に関する誇大広告
  • 人工毛植毛に関する医療トラブル

などが当時から問題となっていて、「発売・宣伝されている様々な商品やサービスが、薄毛に対して本当に効果があるのかどうか、皮膚科の専門医が一度集まって内容の精査&ランク付けをしてみましょう」ということで作成されたのが、この男性型脱毛症診療ガイドラインです。

ガイドラインはきちんとした研究論文や症例試験などを元にして作成されているので、一般ユーザーである私たちが正しいAGA治療を選ぶための手がかりとなるものです。

ハヤシ先生

医療機関であるAGAクリニックでも、このガイドラインの内容を資料に盛り込んで、カウンセリングや診察に活用しているところがたくさんあるよ!

専門用語も多く出てくるガイドラインを読み込むのは時間も労力も掛かるので、主なポイントを解説していきます!

MEMO:日本皮膚科学会とは?
日本皮膚科学会とは、皮膚に関する研究や皮膚科専門医の養成&教育研修、講習会、会報誌の発行などをおこなう公益社団法人のこと。東京医科大学や大阪大学、日本医科大学などの皮膚科専門医10人が集まって委員会が構成され、男性型脱毛症診療ガイドラインが作成されました。なお、日本皮膚科学会では、今回のAGA診療に限らず各種皮膚疾患の診療ガイドラインを作成していて、国内の最も標準的かつ最善と思われる診療を提示しようとする目的で全て作られています。

【Point解説】男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

男性型脱毛症診療ガイドライン表

上記の表がガイドラインに掲載されているそのもののキャプチャーです。

ただ、これだと少し分かりづらい部分もあるので、こちらで整理してみました。

推奨度 治療成分・内容
A フィナステリド(男性)/ミノキシジル(男性・女性)
B 自毛植毛術
C1 塩化カルプロニウム/t-フラバノン/アデノシン/サイトプリン・ペンタデカン/ケトコナゾール
C2 セファランチン
D 人工毛植毛術/フィナステリド(女性)
推奨度の分類
A  :行うよう強く勧められる
B  :行うよう勧められる
C1:行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
C2:根拠がないので勧められない
D  :行うことを勧められない

それでは1つずつ説明していきますね。

◆フィナステリド内服は男性には非常に有効

男性:A(行うよう強く勧められる)
女性:D(行うことを勧められない)

フィナステリドを主成分とするプロペシア

MSD社製プロペシア錠

男性のAGA治療薬として強く推奨されるフィナステリド(フィナステリドを主成分とする薬品名はプロペシア)。1日1mgの投与で軽度改善以上の効果が58%、何かしらの改善効果が98%の人にみられました。

また、そこから継続調査もおこなっていて、2年の内服継続で68%、3年で78%の改善効果が出ており、3年飲み続ければ約8割の男性に改善効果があると言えます。

一方で女性のフィナステリド内服は効果が無いばかりか、妊婦にとって胎児の発育を妨げる可能性があるので使用禁止となっています。

◆ミノキシジル外用は男女ともに非常に有効

A(行うよう強く勧められる)

ミノキシジルを主成分とするリアップ

大正製薬のリアップX5プラス

大正製薬が販売しているリアップに代表されるミノキシジル外用。写真は5%の濃度を配合している「リアップX5プラス」です。

男性には5%ミノキシジル、女性には1%ミノキシジルが治療薬として強く推奨されています。数多くの比較試験で発毛効果が認められ、さらに重い副作用も確認されていません。

多くのAGAクリニックでもオリジナルのミノキシジル外用薬が処方されています。

◆自毛植毛術は有効

B(行うよう勧められる)

自毛植毛の様子

フィナステリド内服やミノキシジル外用を使っても十分な改善効果が出ない場合に、「十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限って推奨度Bとする」とされています。

自毛植毛は医師の技量によって、生着率や自然な生え際などのデザイン性にかなりの差が出ます。

そのため植毛クリニック選び、特に「医師選び」が重要になると言えます。

◆人工毛植毛術は推奨されておらず実質的には禁止状態

D(行うことを勧められない)

人工毛植毛は過去に多くのトラブル事例があり、アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)によって人工毛自体の使用が事実上禁止されています。

一方で日本の厚生労働省は現時点で禁止とまではしておらず医療法上での問題は無いものの、見過ごせない頭皮トラブルなどもあるためガイドラインでは使用しないように勧めています。

◆塩化カルプロニウム/t-フラバノン/アデノシン/サイトプリン・ペンタデカン/ケトコナゾールなどは使っても良いレベル

C1(行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない)

聞いたことのない名称も多いと思いますが、これらは化粧品メーカーが出す育毛剤や育毛トニック、育毛シャンプーなどによく配合されている成分名です。

  • 塩化カルプロニウム(第一三共ヘルスケア「発毛促進薬 カロヤンプログレ
  • t-フラバノン(花王「薬用育毛トニック サクセス」
  • アデノシン(資生堂「薬用 アデノゲン」
  • サイトプリン・ペンタデカン(ライオン「薬用毛髪力 INNOVATE」

細かい表現は異なりますが、どの成分も総じて「症例試験のレベルが低い、または試験数が少ないために効果は実証されていないものの、副作用が非常に軽微であることも考えてC1ランク」となっています。

AGAスキンクリニックのケトコナゾール配合医療用シャンプー「Dr.BALUMO」

ケトコナゾール配合シャンプー「Dr.BALUMO」

ケトコナゾールは菌の繁殖を抑えてフケやカユミを抑える成分で、銀クリ(銀座総合美容クリニック)やAGAスキンクリニックではケトコナゾール配合シャンプーの取り扱いもあります。

写真はAGAスキンクリニックの「Dr.BALUMO」という医療用シャンプーで、ケトコナゾールが2%含まれています。

最近ではケトコナゾールにDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑える効果があることが分かり、フィナステリドとの相乗効果も見込めます。

必須ではないもののAGA治療を受ける際に併せて使用している人も多いですね。

▼▼関連記事▼▼
銀座総合美容クリニック【銀クリの薄毛治療】ガチで行って分かった4つのメリットとデメリット AGAスキンクリニック【全国展開&最大手】AGAスキンクリニックの薄毛治療の特徴|効果・費用&口コミ・評判

◆セファランチンはとりあえず使わない方が良い

C2(根拠がないので勧められない)

報告されている症例試験が1件しかなく、十分に検証がなされていないため、現状では使用を勧めないとされています。

その1件もフィナステリド内服とミノキシジル外用を使用している男性が、追加でセファランチンを使用した結果、増毛効果が認められたという内容。今後の臨床試験が待たれます。

ちなみにセファランチンはLPLP(ルプルプ)やプランテルといった育毛剤に配合されています。

フィナステリド内服やミノキシジル外用はAGA治療に必須

この診療ガイドラインにあるとおり、AGA治療をするのであればフィナステリドやミノキシジルを使用することは必須だと言えますね。

もし、まだAGAが始まっていない、進行度合いが「ハミルトン・ノーウッド分類」で1型・2型ぐらいであれば、育毛剤や育毛シャンプーなどで様子を見るのも方法としてはアリです。ですが、3型以上になってくると育毛剤などを使っても進行が止められない可能性が高いです。

ちなみに診療ガイドラインでは基本的な治療の進め方として、次のような方法を紹介しています。

男性型脱毛症(AGA)治療の進め方

AGA治療の進め方
  • 育毛剤を使用するかどうかはどちらでもOK
  • 5%ミノキシジル外用とフィナステリド内服を1年間使用するのが基本プラン
  • 基本プランで発毛効果が不十分であれば自毛植毛を受ける、あるいはカツラの使用も選択肢としてアリ

ちなみに「軽症」「中等症」「重症」というのはハミルトン・ノーウッド分類における薄毛の進行度のことを表わしています。

ハミルトン・ノーウッド分類

▼▼関連記事▼▼
ハミルトン・ノーウッド分類AGAの進行度を表わす「ハミルトン・ノーウッド分類」を徹底解説!Vertex型とAnterior型とは?

自分のAGA進行度をチェックしながら、どういった方法が最適なのかを判断してもらいたいのですが、実際問題としては育毛剤を使用するかどうかが異なるだけで、基本的には薬治療からスタートして、1年やって効果が出なかったら自毛植毛に進みましょうという方法しかないのが現状ですね。

また、カツラの使用に関しては抵抗感がある人も多いと思いますし、根本的な薄毛治療というものではありません。

ですが、容易に見た目の改善ができて副作用の例もないことから、「カツラの使用に関しては否定はしない」という意見がなされています。

男性型脱毛症診療ガイドラインはあくまで補助的な位置付け

男性型脱毛症(AGA)診療ガイドラインは、これから初めて薄毛治療をおこなう人や、育毛サロンなどに不信感を抱いている人にとって非常に参考になる「AGA治療の道しるべ」です。

ただし、薄毛の進行度や状態、原因などは人によってさまざま。フィナステリドやミノキシジルを使った薬治療から始めた方が良い人もいますし、自毛植毛を行った方が最終的な本人の満足度は高くなるケースもあります。

また、薬治療に関しては誰にとっても100%効果が出るとは限りません。やはり自分の身体と薬との相性というものもあります。

マナブ君

「育毛メソセラピー」や「HARG療法」といった治療方法を最近よく聞くんだけど、そういった治療はこのガイドラインでは紹介されてないの?

ハヤシ先生

2010年版では紹介されていないね。基本的にこの診療ガイドラインは、過去の研究や論文などを元にして推奨度を分類しているんだ。

なので、現場の医師レベルでは効果が認められているものの、過去のエビデンスが少ない・治療自体が最近始まったばかりといった理由で、このガイドラインには掲載されていないAGA治療も数多くあるんだよ。

この診療ガイドラインを参考にしながらも、実際には専門の医師に頭髪・頭皮の状態をチェックしてもらいながら、自分に合った最適なAGA治療を提案してもらうとイイと思いますよ。

この点はガイドラインの冒頭部分「3.ガイドラインの位置づけ」にも書かれています。

男性型脱毛症診療ガイドラインの位置づけ

個々の患者の治療では,その患者に特有な背景や病態に配慮しながら最適な治療法を提供することが重要であり,このガイドラインは,その一助となるように策定されたものである.したがって,個々の患者への治療選択において,このガイドラインの内容に合致することを求めるわけではなく,また医師の裁量を規制し治療方針を限定するものでもないことを明記しておきたい.

(男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)より引用)

ぜひAGA治療選びやクリニック選びの参考として、ガイドラインを賢く活用していきましょう!

MEMO
2017年に男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)が改訂されました!
男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)【男性型脱毛症診療ガイドラインが2017年改訂に】2010年版との違いや新しいAGA治療への評価は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です