【AGAに関係する2つの遺伝要素を解説】オヤジが薄毛なら自分もハゲ確定!?

薄毛と遺伝の関係は?

【AGAに関係する2つの遺伝要素を解説】オヤジが薄毛なら自分もハゲ確定!?

薄毛と遺伝の関係性

父親からの薄毛の遺伝を心配する男性

『薄毛が遺伝する』というのは、都市伝説的に昔からよく聞く話です。「自分のオヤジが薄毛なら、将来は自分も薄毛確定(泣)」という説ですね。

マナブ君

顔のパーツや体型が似てるんだったら、頭だって似るに決まってるんじゃないの・・・!?

ハヤシ先生

確かに男性同士であり、血のつながった父親の「見た目」から自分の将来を判断してしまうのは、ある意味、仕方がないことかもしれないね(苦笑)

ただし、この認識は必ずしも正解ではありません。

最近では薄毛に関する遺伝子についての研究も進み、父親が薄毛だからといって、それが絶対的に影響するわけではないことが分かっています。

それどころか薄毛の遺伝でポイントとなるのは、どちらかというと母親の遺伝子であるということも分かってきているのです!

ここでは薄毛(AGA)と遺伝の関係性について順番に説明していきたいと思います!

どういった薄毛の要素が遺伝するの?

まず、薄毛が遺伝すると一言でいっても、そこにはきちんとしたメカニズムが存在しています。どういった要素が遺伝するのか?大きくは2つの要素があります。

  • 【遺伝要素1】5αリダクターゼの活性度合い
  • 【遺伝要素2】男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の数やDHTとの結合しやすさ

なお、このページではAGAに関する専門的な用語が出てきます。なので、もしまだAGAの原因を徹底解説のページを読んでいない人は、そちらを先に読んでみてください!

▼▼関連記事▼▼
AGAの原因を徹底解説【AGAの原因を徹底解説】最大の原因は男性ホルモン

【遺伝要素1】5αリダクターゼの活性度合い

【遺伝要素1】5αリダクターゼの活性度合い

5αリダクターゼは、男性ホルモン:テストステロンを悪玉の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)へと変換させる酵素です。

DHTの発生が薄毛への第一歩となりますが、この5αリダクターゼの活性度合いが遺伝によって決まるとされています。

活性度が高い遺伝子を受け継ぐと、5αリダクターゼの分泌量が多くなるため、テストステロンがDHTにどんどん変換されてしまうというマズい状況になってしまいます。

【遺伝要素2】男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の数やDHTとの結合しやすさ

【遺伝要素2】男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の数やDHTとの結合しやすさ

DHTは男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合することで初めて、発毛を抑制させるシグナルを出します。

そして、男性ホルモン受容体の数や有無、DHTとの結合しやすさ(⇒感受性と言います)が遺伝によって決まるとされています。

男性ホルモン受容体の数が多い&感受性が高いと、たくさんのDHTが受容体と結合してしまい、どんどん薄毛が進行してしまうというわけですね。

もしこの男性ホルモン受容体が無ければ(数が少なければ)、DHTの影響は髪の毛に伝わらず、薄毛にはならないということになります。

ハヤシ先生

AGAには遺伝以外の要素もあるので一概には言えないけど、年配の方で薄毛になっていない人はこの男性ホルモン受容体の数が少ない傾向にあるよ。

5αリダクターゼは両親/男性ホルモン受容体は母親の遺伝子がポイントに

5αリダクターゼの活性度が高いか低いかは、活性度が高い遺伝子を両親が持っているかどうかで決まります。

活性度が高い遺伝子は優性遺伝するため、父親であれ母親であれどちらか片方が活性度の高い遺伝子を持っていると、その子供の活性度も高くなってしまいます。

逆に言うと、両親が共に活性度の低い遺伝子を持っている場合のみ、子供も活性度が低いということになりますね。

なので、5αリダクターゼの活性度合いに関しては、父親と母親の両方の遺伝がポイントになります。

薄毛の遺伝と家系図

一方で、男性ホルモン受容体の数や感受性に関する遺伝子情報は、男性が母親側から受け継ぐX染色体にあるとされています。

MEMO
人間の性別を決定しているのは細胞の中にある性染色体です。女性(XX)は母親からX染色体を、父親からもX染色体を受け継ぎます。その一方で、男性(XY)は母親からX染色体を、父親からY染色体を受け継ぎます。

つまり、男性ホルモン受容体の数や感受性の度合いは、父親ではなく母親の遺伝子(X染色体)がポイントになるというわけです。

男性は父親から必ずY染色体を受け継ぐことになるので、受容体の数や感受性の度合いについて父親側から遺伝することはありません。常に母親からの遺伝の影響を受けるというわけです。

ここまでの話をまとめると、5αリダクターゼの活性度合いについては両親の遺伝子がポイントに、男性ホルモン受容体の数や感受性については母親の遺伝子がポイントになる、ということです。

ハヤシ先生

冒頭で書いた「自分のオヤジが薄毛なら、将来は自分も薄毛確定(泣)」という説は、必ずしも正しいという訳ではない、ということも分かってもらえたかな?

薄毛の遺伝子を持っている人が100%薄毛になるわけではない

遺伝する2つの要素を両方受け継いだ男性、つまり5αリダクターゼの活性度合いが高くて、更に男性ホルモン受容体の数や感受性も高い人は、最もAGAになりやすく進行しやすい人です。

逆に5αリダクターゼの活性度合いが低くて、更に男性ホルモン受容体の数や感受性も低い人は、一番AGAになりにくい人です。

遺伝的にはこのようになりますが、実際にはそう単純な話ではありません。

DHTの元となるテストステロンの量には個人差もありますし、生活の中で受けているストレスや、毎日の食事・運動といった生活習慣の影響もかなり大きいのです。また、他にも解明されていない様々な要素が薄毛には影響していると言われています。

なので遺伝的に薄毛になりやすい人でも薄毛になっていなかったり、逆に遺伝的に薄毛になりにくい人でも薄毛になっているといったことが実際に起こっているのです。

統計上、遺伝が原因で薄毛になる人は4人に1人(25%)と言われており、「自分は遺伝だから薄毛になるのは仕方がない」と諦めてしまうのは非常にもったいないことです。

もちろん遺伝してしまった要素は一生変えることはできませんが、新しいAGA治療薬が開発されたり、ヘアクローニングなどの医療技術もどんどん進歩しています。

大事なことは自分の現状をきちんと把握して、それに対処していくこと。適切なAGA治療をおこなうことで、薄毛を改善していきましょう!

メガネ君

遺伝だからって治療しても全くムダということもないんだね?

ハヤシ先生

そうだね、遺伝の影響はもちろんあるけど、早めに対処すればDHTの悪影響を最低限に防げるし、植毛であれば外科的手術だから遺伝は関係ないよ。

薄毛に関する遺伝子を受け継いでいるかどうかは遺伝子検査で調べることが可能

自分がAGAになりやすいかどうかや、男性ホルモン受容体の感受性が高いかどうかは、簡単な遺伝子検査で調べることが可能です。

遺伝子検査というと大掛かりなものを想像するかもしれませんが、自分がすることは口の中に綿棒を入れて頬の部分を少しこすり、その綿棒を提出するだけ。綿棒に付着した細胞を検査して、提出後2週間~1ヶ月程度で結果を教えてもらえます。

遺伝子検査はAGAクリニックで受けることができ、費用的な相場は1回1万円~2万円ほど。遺伝子を調べるので結果が変わることはなく、どこかのクリニックで1度受ければ同じ検査を何度も受ける必要はありません。

ハヤシ先生

ちなみに、いま現在、薄毛になっていない人であっても、将来的に薄毛になるかどうかを知るために、検査だけ受けにくるという人もごく稀にいるよ!
AGA遺伝子検査キット「AGAドック」

自宅にいながら検査が受けられるAGA遺伝子検査キット「AGAドック」

今では自宅にいながら調べることのできる「AGA検査キット」(AGAドック)なるものも発売されています。管理人が試してみたレポートも紹介しているので興味のある方はチェックしてみてください。

なお、AGAクリニックでは積極的に遺伝子検査を勧めているわけではありません。

男性ホルモン受容体の感受性とフィナステリドの効果については、あくまでも統計学上の相関は認められるものの100%ではないからです。

つまり、感受性が高いからといってフィナステリドが必ず効くかというとそうでもなく、その逆もしかり。検査結果はあくまでも参考程度であり、まずは1~3ヶ月間ぐらいフィナステリドを服用してみて、効果が出るかどうかを見極めることがポイントになります。

極論を言ってしまうと、自分の身体との相性が一番重要っていうことですね、、、汗

こう書いてしまうと元も子もありませんが、いまのAGA治療には風邪薬のように喉用・鼻用など薬の種類がたくさんあるわけではないのです。

なのでフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどの治療薬で効果が認められない場合に、他の薬を使って治療してみるという選択肢が残念ながらありません。

その場合は治療を諦めるか、薬治療ではないメソセラピー治療や植毛などの他のアプローチをとることが必要になってくるというわけです。

トンガリ君

じゃー、特に遺伝子検査を受ける必要性ってあんまり無いんだね!?

ハヤシ先生

そうだね、その結果を知ったところで遺伝は変えられないからね。なのでホントに興味がある人だけが受けているというのが現状だよ。
【余談】DNA鑑定と遺伝子検査の違い

DNA鑑定と遺伝子検査は別物

完全に余談ですが、DNA鑑定と遺伝子検査は別モノです。

 

DNA鑑定は犯罪捜査などで個人の特定や親子の血縁関係を調べるためにおこなわれるのに対して、遺伝子検査はDNAの中の遺伝子情報を個別に見ていくことで、病気のリスクの有無や発症率、生活習慣病のなりやすさなど本人の体質を調べることができます。

 

過去にはハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが遺伝子検査を受けて、87%の確率で乳ガンになることが判明、予防的に両乳房を切除したというニュースもありました。

 

そもそも【DNA=遺伝子】という捉え方は正確ではありません。詳細な説明は避けますが、DNAという「箱」の中に遺伝子の情報が入っており、遺伝子の情報はDNAの箱の中でごく僅か。残りは遺伝子を元に身体の細胞や臓器をどう作っていくのかをコントロールする情報が入っています。

 

なので男性ホルモン受容体の感受性や、薄毛(AGA)になりやすい体質かどうかを調べるには、遺伝子を検査することになるという訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です